牧陽一の日記です。

埼玉大学 人文社会科学研究科 牧陽一の授業内容です。表紙は沢野ひとしさんの中国語スタンプです。

The Chinese Lives of Uli Sigg 22年度前期の授業のまとめ

水曜は2限中国近現代文化論受講者は30人ぐらい 艾未未について途中「アイ・ウェイウェイは謝らない」を上映しつつ、少年期から星星画会、ニューヨーク時代、帰国後、北京東村、Fuck off 展の死体派、鳥の巣スタジアム、四川大地震調査、殴打事件、逮捕拘留、作品分析、2015パスポート奪回。Human flow  Coronation  Cockroach 。半世紀以上の内容。父艾青と合わせて1930年代以降の歴史も反映させる。大学院と学部の共通授業で、留学生の院生が多い。彼らは中国の本当の歴史、大躍進反右派闘争、文革、北京の春、64天安門事件、現在の香港の弾圧を教えてもらっていない。四川大地震の手抜き建築で亡くなった小学生たちの世代だ。だからこそこの授業は外せない。現代中国文化を扱う授業では、艾未未が世界で最も良い教材だ。

3限は特殊講義(日中映画論)。大島渚北野武塚本晋也、陈凯歌,张艺谋,贾樟柯,監督作品をそれぞれ観て、レポートしてもらった。今回はこれに加えて、池谷薫監督「蟻の兵隊」「延安の娘」今後この2作は外せない。最後はスラヴォイジジェクの「倒錯的イデオロギーガイド2」。哲学的、精神分析学的方法による映画解読の可能性を示した。

4限は演習、岩波世界人名事典で取り上げた作家、艾未未,黄锐,徐冰,吕胜中,隋建国,蔡国强,张培力,耿建翌(2017年 去世),王广义,方力钧,岳敏君,荣荣,马六明,赵半狄,林天苗,尹秀珍,邱志杰,宋冬 について紹介しつつ解説した。耿建翌が亡くなったのは実に残念だった。シニカル・リアリズムの最初だったと思う。王广义の作品の鉄の労働者に粟粒を付けたのはボイスのフェルトや油に匹敵するわけのわからない拘泥だったというのは面白い。邱志杰の南京長江大橋計画も面白い。Socially Engaged Art 検討のために映画「スクエア」を観た。「社会にとっていいことをすることで上層階級に精神的な安逸を与える」アートには、微妙なずれが生じる。アートのもつ抵抗の力が喪失していく。中国では、中国共産党プロパガンダが介在していくのではないかと、考えている。

最後はUli Sigg について、コレクションを香港のM➕美術館に寄贈したこと。さらに: The Chinese Lives of Uli Siggを観て、ウリ・シグのコレクション、麻将MAHJIONG について検討した。これは新しい試み。中国現代アート史のまとめになった。

月曜の1限中国語、今回は皆優れていて、テストの必要はなかった。1-16課まで修了した。板書をほとんどしなかったので、最後は大復習大会、書き取りの練習をした。

2限は博士課程の北村君の授業だったが、時々研究の進展を見せてもらい、あとは大学向かいのビープラで、ほかの院生と食事というコース。

3限は概説で今年も「中国現代文化14講」を使った。特に台湾、香港、華人社会、民族を重視した。映画は毎回使ったが、上記では「悲情城市」「恋する惑星」「亡命」「ルンタ」を取り上げた。今後も後半に力点を置く方がいいと考えた。

以上が22年度前期授業のまとめです。最後の日は終に痛風の発作が訪れ、応急のバファリンをのんで、足を引きずって大学へ行った。頭はボ~っとしていたが、癖になりそう。翌日は医者に診てもらった。さて来週の月曜日は卒論演習。

Uli Sigg

 

Chan Mei Tung 陳美彤の無事を祈る

一昨日、6月3日夜、香港のパフォーマンス・アーティストChan Mei Tung 陳美彤が逮捕された。銅鑼灣東角道で目の上にジャガイモを掲げ、ピューラーで皮をむき、それを燃やすというパフォーマンスを行っていたところだった。身分証を携帯していなかったことと、ライターで火を点けたことが原因らしいが、全く逮捕の理由にはならない。嫌がらせだろう。彼女は拘置所の臭く冷たい床で寝たのだろうか。心が痛む。明るくみずみずしい彼女が傷つけられるのは許せないことだ。

Chan Mei Tung 1

ChanMeiTung2

香港警察1

香港警察2

www.inmediahk.net

2015年9月、9 月 1 日(火)活化庁 九龍油麻地上海街 404でジェンダー、ジェニター、ジェニタリア−ろくでなし子トリビュート展(期日:2015 年 8月 29 日(土)~9 月 20 日(日)を観て来た。キュレーターは長谷川仁美さん

陳美彤はパフォーマンスビデオ「私を拡大して」(2014)を出品した。かねてからスマートフォンタブレットの指で拡大する動作が卑猥だと思っていた彼女は裸体の両胸の上と股間 3 ヶ所に、乳房と女性器を映し出したタブレットを装着し、観客に 2 本の指でその画像を拡大させた。さらにスタジオを裸体のままに緊張なおももちで歩いていく。―最後にアクシデントが起きた。一人の男性が歩み出て毛糸の帽子を彼女に被せ、彼女の首にマフラーを巻いた。彼女の緊張は解けて、満面の笑みがこぼれた。一人の弱い少女へと戻ったのだった。 
 筆者にはフェミニズムとアートの邂逅の瞬間に思われた。またソウルの日本大使館前の「平和の少女像」にも寒い日には毛糸の帽子、マフラーが掛けられ、素足だからと靴が置かれていたことを思い起こした。地蔵にも近所の人が帽子や笠をさせるように像への愛情がそうさせる。
パフォーマンス、現代アート、土着信仰どこにも共通する見る側からの想いがそこに表れる。
ただ声高に女性への差別を訴えるのではないアートの方法をここに見出せるだろう。真に「美術の力」だと言えよう。 

Chan Mei Tung3

とわたしはかつて書いている。

牧 陽 一Yoichi MAKI「現代アート覚え書き 2015-北京・香港・東京 Memorandum of Contemporary Art in 2015 -Beijing, Hong Kong, Tokyo 」『 埼玉大学紀要(教養学部)』第51巻第2号 2016年

sucra.repo.nii.ac.jp

警察に不当な扱いはされないだろうか?心配している。香港の自由を踏み躙ったあの警察だから。

 

 

チンポム展とダミアン・ハースト桜観に行く

昨日は東京芸大の院生王さんとチンポム展(森美術館)とダミアンハースト桜(新美術館)を観に行った。

まずチンポム展。広島のピカッの書き順や渋谷のカラス系の映像が面白かった。

メンバーのエリィさんが安倍夫妻が来場した時に解説し、記念撮影したことや、(4月24日)美術展へのエリィさんの夫の会社からの協賛金を、森美術館が断った件で、チンポムはChim↑Pom from Smappa!Groupと会社名を入れたグループ名に変えた。(27日)など「お騒がせ」が続いている。

www.fashionsnap.com

2022年4月24日 

中にはチンポムはただのお騒がせグループでアーティストではない、という人もいる。

だがわたしは、森美術館がチンポムの美術展をやることから疑問だったし、やればこうした衝突もあるだろうと思っていた。上流階級金持ちの高尚さを見せつけるための美術館の本性が出たところで、それに対する彼らの態度を示しただけだろう。安倍夫妻というもっとも忌み嫌われるハイソサエティの代表を登場させたのも、そうしたものへの反駁と捉えられる。

こうしたハイソの偽善、(好いことしてるという)精神的な安逸のための展覧会という匂いがぷんぷんする場所、そこを根底からひっくり返す。まさにいかがわしくワルであるチンポムがここで飼い慣らされるわけがないと思う。

こうした矛盾は映画「ザ・スクエア」にも描かれていたではないか。

www.transformer.co.jp

だからソーシャリー・エンゲージド・アートというものもハイソの上から目線を拒否しなければいけない。その気持ち悪さは会田誠も言っていたではないか?

eiga.com

チンポムはその気持ち悪さを、安倍夫妻との記念撮影という形に落とし込んだと言っていい。つまりスマッパやチンポムが「いかがわしい」というなら、最もいかがわしいハイソである安倍夫妻はどうなんだ?という疑問を投げかけたのだろう。

安倍晋三と写真をとったからと、チンポムはただのお騒がせグループと見做して切って捨てるような表面的左翼など眼中にない。それはアートの独立にもかかわってくる。

チンポム1

チンポム2

チンポム3

さてダミアンハースト桜については

もしも日本だから桜って思っているなら、ちょっと安易すぎる。 坂口安吾桜の森の満開の下梶井基次郎桜の樹の下には死体が埋まっている)先日亡くなった金芝河(たかが朝鮮野郎の血を引いて咲いたサクラの花じゃないか)といったイメージの解体を意図したのならべつだが。これって観衆をバカにした駄作っていうことでいいんじゃないだろうか? でもそこまで稚拙であることを考えているとすればキッチュだな。というようなものを書いた。

Fさんからは「大昔の西洋視線を見せつけられているような」と意見をもらったが、Hさんからは

「私は欧米から見た日本が「虚無」とか、(世界系)アニメのイデオロギーの無さ、とかゼンとか、、空っぽなイメージをもし持たれてるとしたら、この桜の絵の空っぽさを見た時になんとも言えない気分になりました。(日本ってこんな風に何も考えてない風に見られてるのかなぁ、、って。)」

とご返事をいただいた。

確かにただの駄作と切り捨てるのではなく、内省的に思考する必要があるのかと思った。でもこれは読み過ぎの感があり、読解を助けるためにも誰かがもっと発言すべきだと思っている。

ダミアンハースト桜

 

 

 

葱展

コロナで閉鎖されている上海、ネット上で「ねぎ写真展」開催されている。なんとも脱力させる。野菜不足を補うために家庭栽培される葱をテーマにしている。物資の配給は十分ではなく、ネット上ではゼロコロナ政策に対する庶民の不満が爆発している。政府の削除も間に合わないようである。そしてすべては海外勢力の陰謀だそうだ。(倉田徹さんのFBより)

葱2

我们要活下去

mp.weixin.qq.com

news.mingpao.com

葱と言えば小沢剛「ベジタブル・ウェポン―さんまのつみれ鍋 東京2001」を想起するが、上海の葱展は武装解除、平和さえ訴えることもできない。ロシアのウクライナ侵略にさえ、何も言えないのだ。こんな時代になるとは20年前には想像しなかった。

思えば、中国現代アート文革後20年で欧米現代アートの100年を集約して見せたのは、いくらでも毛沢東時代に逆戻りする可能性をもった政権の下での不安が、いまのうちに世界に開いていこうとする速度へと転換されていたのかもしれない。

小沢剛 ベジタブルウェポン

 

艾未未からモスクワへ

2022年4月6日、香港のSanmuchanのFBにあるモスクワのアーティストの写真が掲載された。それは後ろ手を縛られた人が路上に打ち捨てられた姿だった。これはウクライナで虐殺された人々の姿を模したものだった。もちろん反戦を訴えている。(4月5日weibo微博  俄罗斯知识局)

2022年4月6日 モスクワ

わたしは、艾未未の作品(2016年1月25日芸術家)を思い出した。15年9月、ギリシャレスボス島の海岸に遺体で漂着した3歳のシリア難民の子どもをモチーフにしたものだった。発表当初は子どもをそっとしておいて欲しいという意見もあったが、いま考えるとこうした表現は苦痛と憤りをそして抵抗を示すものとして、重要なのだと思われてならない。戦争、死、難民… わたしたちはいつまでもこんなことを繰り返している。

スラヴォイ・ジジェクは映像で「ロシアで反戦を訴えるものこそが真のロシア愛国者だ」と訴えている。再び民主が問われている。

2016年1月25日 レスボス島

 

www.art-it.asia

www.sankeibiz.jp

ジジェクによるロシア国内の抵抗者へのメッセージ

www.youtube.com

スラヴォイ・ジジェクとエミール・クストリッツァに救われる

コロナ蟄居の中で、2021年は訃報が続いた。信州大学の恩師、松岡俊裕先生。30年前私を埼玉大学に採用してくれた先輩、小谷一郎先生。私の義母、叔父、甥。感謝の気持ちは、尽きず、日々思い出している。だがまだその気持ちを伝えられない。

エミール・クストリッツァの「ジプシーのとき」「アンダーグラウンド」など大方の作品を観た。人間の愛を伝えきれない不器用さやイデオロギーに翻弄される弱さが、作品に溢れ、それでも土臭く生きのびてゆく、強かさを教えてくれた。

スラヴォイ・ジジェクの思想は、日常に隠されたイデオロギーの存在を確認させる。また社会主義実験が失敗し続けても、それでも繰り返して挑戦する意志の重要さを教えてくれた。

さて22年度も始まって2週を経た。私の伝えたいことはうまく伝わっているだろうか。前期は月曜、中国語、博士課程相談、中国近現代文化概説。水曜は文化論(アイ・ウェイウェイ)、特殊講義(日中映画論)、演習(中国現代アート)6コマ。また今年度は5名の卒業論文と2名の修士論文の指導もある。

昨日今日と「セデック・バレ」太陽旗、虹の橋を観た。映像としての霧社事件が力強く描かれていた。概説の授業で使う予定。

アートコレクターズ2022年4月号に

有識者が選ぶ 今注目すべき劇薬アーティスト
 牧 陽一/櫛野展正/高橋律子

◇寄稿 牧 陽一 孫原&彭禹 ─ダミアン・ハーストから死体派へ

を書いた。これはわたしの学生の林さんが、授業で私の見せた中国の「死体派」の作品に対して「こんなものはアートではありません、アートとは真善美です。」と言われたときから、その回答をずっと考えてきた結果である。1年以上引っかかっていた。学生の質問や意見はありがたいものだ。

www.tomosha.com

 

 

 

 

 

中国の庶民は政権に欺かれていることを分かっている 11月の日記

11月、中国の女子テニス選手の彭帥さんがSNSで、中国共産党の最高指導部だった張高麗・前副首相に性的関係を強要されたと告発した。その後当局の監視の下なのか、明らかにはされていない。一方10月には中国の著名ピアニスト、李雲迪が、買春容疑で北京で拘束された。彭帥さん事件の調査は全くされていない。本人が事件は無かったことといっている、(なぜか)IOCバッハ会長との対話が公開された。本来これは刑事事件であって、張高麗を処分しなければいけないはずだが、政権は問題をオリンピック開催にすり替えた。性的道徳問題で、ピアニストは処罰され、元副総理はノータッチだ。これまで散々政権は道徳的優位を宣伝してきた。2013年8月にも1200万ものフォロアーを持っていたオピニオンリーダー薛蛮子が、買春の疑いで北京で身柄拘束された。こうした事件は庶民を代表する人気者を見せしめにして、党の優位を見せつけるものであり、同時に自由な文化人の口封じに使われた。常套手段だ。だからこんなやり方に庶民は慣れている。

今回は正に逆で、党幹部がいかに腐っているかが明らかとなり、面目丸つぶれだ。権力を使った性的虐待は売買春よりよっぽど罪が重いのは周知のとおりだ。政権はいよいよ信用できない存在であることが明らかだ。ではなぜ中国庶民は何も言わないのか?それはもちろん、この独裁政権の管理の恐ろしさを知っているからだ。と同時に言うことをきくふりをしている。だから政権は党幹部により性的虐待をオリンピックの無事開催という問題へとすり替えるこんな茶番を世界に向けて晒してしまった。問題をすり替えて逃げる。恥だ。だから庶民は政権に欺かれていることを分かっている。やはり強かなのだと思う。(政権間の争いというのは読み過ぎだろう石平、やらせならこんなに慌てない)

さて10月から11月、月曜1,3限、水曜2,4限の授業と金曜会議など。土日に編入や推薦の入試業務、人事関係会議、ほか入試会議などがあった。11月22-30はむつめ祭などで授業はなく、李さんの修士論文を読み、添削。よく書けている。明日12月1日から再び授業。

f:id:mushou:20211130190520j:plain

2015ウォーホル&アイ・ウェイウェイ