牧陽一の日記です。

埼玉大学 人文社会科学研究科 牧陽一の授業内容です。表紙は沢野ひとしさんの中国語スタンプです。

中国の庶民は政権に欺かれていることを分かっている 11月の日記

11月、中国の女子テニス選手の彭帥さんがSNSで、中国共産党の最高指導部だった張高麗・前副首相に性的関係を強要されたと告発した。その後当局の監視の下なのか、明らかにはされていない。一方10月には中国の著名ピアニスト、李雲迪が、買春容疑で北京で拘束された。彭帥さん事件の調査は全くされていない。本人が事件は無かったことといっている、(なぜか)IOCバッハ会長との対話が公開された。本来これは刑事事件であって、張高麗を処分しなければいけないはずだが、政権は問題をオリンピック開催にすり替えた。性的道徳問題で、ピアニストは処罰され、元副総理はノータッチだ。これまで散々政権は道徳的優位を宣伝してきた。2013年8月にも1200万ものフォロアーを持っていたオピニオンリーダー薛蛮子が、買春の疑いで北京で身柄拘束された。こうした事件は庶民を代表する人気者を見せしめにして、党の優位を見せつけるものであり、同時に自由な文化人の口封じに使われた。常套手段だ。だからこんなやり方に庶民は慣れている。

今回は正に逆で、党幹部がいかに腐っているかが明らかとなり、面目丸つぶれだ。権力を使った性的虐待は売買春よりよっぽど罪が重いのは周知のとおりだ。政権はいよいよ信用できない存在であることが明らかだ。ではなぜ中国庶民は何も言わないのか?それはもちろん、この独裁政権の管理の恐ろしさを知っているからだ。と同時に言うことをきくふりをしている。だから政権は党幹部により性的虐待をオリンピックの無事開催という問題へとすり替えるこんな茶番を世界に向けて晒してしまった。問題をすり替えて逃げる。恥だ。だから庶民は政権に欺かれていることを分かっている。やはり強かなのだと思う。(政権間の争いというのは読み過ぎだろう石平、やらせならこんなに慌てない)

さて10月から11月、月曜1,3限、水曜2,4限の授業と金曜会議など。土日に編入や推薦の入試業務、人事関係会議、ほか入試会議などがあった。11月22-30はむつめ祭などで授業はなく、李さんの修士論文を読み、添削。よく書けている。明日12月1日から再び授業。

f:id:mushou:20211130190520j:plain

2015ウォーホル&アイ・ウェイウェイ

 

1987、ある闘いの真実 9月の日記

9月中は買っておいたDVDを3本見た。特に韓国映画、「1987、ある闘いの真実」には強く共感した。事実を隠蔽する政権は、全斗煥政権時代も安倍政権、管の現在の日本も同様だ。闘わなければ民主もない。残念ながら東アジアでは。日本、そして中国も、韓国、台湾の民主化に学ぶべきである。

f:id:mushou:20211003142810j:plain

1987、ある闘いの真実

他には「ジョーカー」「ぼくのエリ」「千年の愉楽」仕事は入試業務、人事業務が忙しかったが、詳しくは書けない。後期初日の一週は緊急事態宣言でZOOM授業。次回からは中国語以外対面になります。

9月27日(月)1限中国語17課 3限研究法 29日(水)2限文化論 4限演習

研究法と演習のレジュメ。文化論は「不在」と東アジア現代アート

序論「近代」の限界と暴力にどう向き合うか

梶谷懐『日本と中国、「脱近代」の誘惑 アジア的なるものを再考する』太田出版2015

 

一国近代主義を乗り越える

中国と日本の経済、政治、思想を考える

 

序論「近代」の限界と暴力にどう向き合うか

2012反日デモ 大気汚染 爆買い 2021クアッド中国包囲網

2015「八紘一宇はっこういちう」(八つの荒ぶる人種、あめのしたをひとつのいえにする天下を一つの家のようにする「天皇総帝論」国家主義 侵略戦争の正当化

天皇のお心による困窮弱者の救済 グローバル資本の租税回避を批判→極右の脱近代

皇国史観の学習→アイドル議員から大物議員へ 福祉の充実とグローバル資本主義を糾す戦前の革新右翼

八紘一宇、興亜の大業 強い日本を創り、アジアを再び解放する。『夢・大アジア』欧米列強による有色人種支配→中国共産党政権による植民地主義・侵略

過去の日本の戦争を完全に肯定する

中国少数民族への支援活動→中国経済発展から疎外された人々 八紘一宇

 

否定神学と実体化される「アジア」

丸川哲史 台湾ひまわり運動 「反中」「反共」ナショナリズムの内側

柄谷行人 60年安保、議会制デモクラシーへの失望 アゴラ(誰もが参加する集会)にこそイソノミア(無支配)を実現する可能性がある

「資本・国家・民族(ネーション)」の枠組みから出ているのか出ていないのかの相違

柄谷 ナショナリズムを批判する丸川には帝国の統治原理を評価、台湾知識人にはひまわり学運を評価する 近代的な資本、国家、民族に回収されない要素を評価する

資本、国家、民族を超える原理、資本国家民族でないもの、

→ 否定神学 否定的な表現を介して存在を想定する神秘的な思考、語り得ない本質的なもの、仮置き→ アソシエーション(共通目的の集まり)、地域通貨、台湾の学生運動中華帝国の原理、

子安宣邦竹内好「方法としてのアジア」

「東洋の力が西洋の生み出した普遍的な価値をより高めるために西洋を変革する」

実態としてあるとは思わない、方法としてはありうる 主体形成の過程としてはありうる

実態としてのアジア→ 社会主義的核心的価値、中国共産党の戦略

アジア的なもの脱近代の象徴は 本質をもたない空虚なもの 恣意的に実体化される

政治利用 アジア主義の復活

 

「近代の暴力」をどう乗り越えるのか 一国近代主義を超えて

改憲、集団的安全保障、原発、テロ 

新自由主義的な資本主義を批判する 八紘一宇の擁護 帝国の論理の再評価

1942近代の超克 欧米の文化・文明を超克する→ アメリカニズム、物質文明、合理主義批判 現代資本主義批判 

生活への脅威・恐怖 災害・感染症 前近代 宗教・伝統的な習慣で克服

                 近代 産業社会 科学・テクノロジーで克服

現代「リスク社会」公害・交通事故 近代の科学・テクノロジーに起因するリスク社会 選択の結果「災害・感染症 宗教・伝統的な習慣 科学・テクノロジー 原発・公害・交通事故 重層化」原発事故 近代化の暴力、限界

近代システム 西洋社会の内部←→ 東洋社会、非西洋諸国にとっては外から来たもの

脅威となる外敵に対抗するために近代化が志向された。

毛沢東中国共産党 ←日本軍、国民党、アメリカ、ソ連、→重化学工業産業社会化

新左派 ナショナリズム 外来文明がもたらす災厄と捉える(第2章)

平凡社下中彌三郎 アジア主義の両義性 資本主義の不平等 相互扶助のコミューン

天皇 変革のシンボル平等の根拠 一君万民の国体 階級を打破する革命論理闘争論理

人民の意志を体現する賢明な指導者(第1章) 平等な社会 中国伝統思想 毛沢東

近代合理主義の内在的超越を放棄 伝統の中の概念を持ち出して西欧近代の普遍性に対抗する 中島岳志 多一論「相対主義によって構成されるリベラリズムの限界を突破し、真の多元主義的寛容を生み出す」実体化は? 

柄谷同様に近代的な合理主義でないもの実体のない概念

 基本的人権言論の自由、民主主義

八紘一宇、近代の超克→ 侵略戦争の正当化 近代化の限界と暴力性の克服

竹内の方法としてのアジアを愚直に追及 民主主義、公共性、立憲主義市場経済

一国近代主義そのものを乗り越える←→✖ 一国近代化、脱近代

日中関係の悪化 権力集中 脱近代の思想の台頭が混乱を増幅 

  • 烏坎村 重慶薄熙来 民主主義、公共性を考える 近代的制度の閉塞感
  • 中国の左派と右派 日本の左翼と右翼 国家と個人の関係でねじれている
  • 国有企業改革 格差問題 自由を抑圧する政治体制の下では持続的な経済発展は望めない 恒大問題
  • 近代化において国家がその強力な推進主体になりがちな東アジアでは、一方でナショナリズムのぶつかり合いを通じて、国家そのものが法の支配や政府の説明責任といった近代的価値観の疎外要素として働きがちである。という矛盾

一国近代主義を乗り越えるべきである

 

堀江義人『毛沢東が神棚から下りる日』平凡社2013

プロローグ

東方紅 東の空は赤く 太陽が昇る 中国には毛沢東が現れた

1949・10・1建国式典 新華社 李普1918~2010

新民主主義連合政府1940毛沢東「新民主主義論」新民主主義から社会主義

無党派民主連合政府

朱徳 劉少奇 宋慶齢ら56人 

非党員 副主席3/6 一般委員27/56 /政務院 副総理2/4 政務委員9/15 大臣1/3

民主党派 中国人民政治協商会議 現段階は新民主主義

周恩来:国民が唯一、最善の方向であると判断して初めて、社会主義の道を選ぶことになる

万歳 万歳爺 農民が皇帝に 

毛主席万歳 同志諸君万歳  謙虚さ寛容 

1953 新民主主義削除 

李普 彼(毛沢東)に騙された、実際は暴君でペテン師だった

第3章 中国 -「新民主主義」「大民主」「改革民主主義」の展開 著者 中居 良文 権利 Copyrights 日本貿易振興機構ジェトロ)アジア 経済研究所 / Institute of Developing Economies, Japan External Trade Organization (IDE-JETRO) http://www.ide.go.jp シリーズタイトル 研究双書 シリーズ番号 471 雑誌名 アジアと民主主義-政治権力者の思想と行動- ページ 65-102 発行年 1997 出版者 アジア経済研究所

KSS047100_005.pdf

 

 

埼玉新聞20210827 研究者の眼 もう一度世界へ開く 牧陽一

1970年大阪万博の年、私たち小学生は三波春夫の歌う「世界の国からこんにちは」に合わせて、日の丸の小旗を振って、お遊戯の練習をしていた。毎日毎日放課後に残されて、練習は続いた。ある子が必死に振るあまり小旗が破れた。みんなそれに倣って、力いっぱい小旗を振って紙を破いた。地面には踏みつけられたたくさんの日の丸が散乱していた。

日本が世界に開くのはこんなに大変なのか?と当時の小学生の私は考えていた。一方で嫌になるほど練習しても貧乏だから誰も見に行けない万博を恨んだ。人類に進歩も調和もないまま時は過ぎ、私も初老となった。今は多少豊かなはずなのに誰も見に行けないし、行かない。何という矛盾だ。

今年のオリンピックにも子供が動員されそうになった。国家的行事には都合のいい弱者が利用される。コロナ感染の最中のパラリンピック、政治宣伝に身体障碍者も子供も利用されそうになっている。震災からの復興、コロナ感染の克服はどこへ行ってしまったのか。

20年以上前、私は「中国のプロパガンダ芸術」や「アヴァン・チャイナ」を書いて、強制的なプロパガンダが効力を失う新しい時代の到来を予測した。だが現状は変わらないのではないか。相も変わらず中国では政権を讃える御用絵画が横行している。また日本では「表現の不自由展、その後」のように、表現の普遍性や複雑さを理解できない無神経な政治家が、表現の自由と、観客の鑑賞、考察、議論の機会を奪い、私たちの文化を貶めている。

だが私たちも黙ってはいない。中国ではプロパガンダポスターのスローガンをお笑いに替えて、SNSウィチャットのスタンプにするのが流行している。毛沢東時代、そして今の政治宣伝を風刺しているのだ。日本でも中止になった美術展を再開催した。そして政権が無理強いしたオリンピック、パラリンピック開催、コロナ感染への無策に批判が殺到している。私たちはオリンピックの高揚で政権の不実を忘れるわけがない。冷静だ。私たちはもう戦前戦中、或いは高度成長期のような単純な愛国主義と経済発展のプロパガンダに騙されはしない。コロナ感染の緊急の場合、中国のような独裁政権の方が強権で良いのではないかという言説も出ているが、それは民主主義を否定できるものではない。現政権の判断力のなさや、私利私欲に拘泥し誠実さに欠ける態度が、成熟した市民社会には合わないだけだ。何でも無理やり開催して建築すれば儲かるだろうという高度成長期以来変らない古い政権に問題があると考えるべきだろう。

政治プロパガンダを冷静に見据える庶民の眼がある。グローバリズムも結局は成長し尽くした強国が新たな利益を求めて、途上国を呑み込む方便に過ぎなかった。だが今は世界がコロナに対応することで共通の課題を持つことができた。自国ファーストの偏狭なプロパガンダを脱して、新たな態度で世界に再び開くために、私たちはもう一度やり直す機会を得たのだ。

f:id:mushou:20210902120407j:plain

太陽の塔

 

8月の日記です。

8月中は短いエッセイを1つ、査読を2つ、成績登録を行った。

エッセイは教養学部の教員に順番に回ってくるもので、埼玉新聞に公開後にこの日記にも載せようと思います。

査読は1本終わったところですが、とても勉強になりました。(多分若い)筆者の今後の活躍を期待しています。

もう一本も価値のある論考で、今月中にコメントを書きます。

成績の方は、対面、遠隔両方の授業だったので、加減が難しいですね。全体的に甘い評価になったと思います。

昨日はレンタル落ちで買った「サウルの息子」を観ました。暗く悲惨な状況を見続けましたが、最後にうっすらと希望のようなものが見えたように、わたしも誤解できます。

f:id:mushou:20210823112711p:plain

サウルの息子

 

7月後半の授業です。

12日紀要の締め切りだったが、掲載を断念する

14日(水)2限 文化論 2015年の艾未未展 3限 特講 門間貴志「ミッキーマオと赤い孫悟空」2001を読む。中国女 YMO 4限 演習 治癒させるアート 宋冬など 5:00~研究生の面談ZOOM

16日(金)1限 AS発表 2:00~ZOOM教授会 5:00~ZOOM共同通信取材

19日(月)1限 ZOOM 中国語14,15課 3限 概説 少数民族 チベット、ウィグル問題 3:30~研究生面談2回目 参考図書について

21日(水)2限 文化論 艾未未とろくでなし子 3限 特講 武田雅哉 新千年図像晩会 マンゴー信仰、核実験成功水墨画 4限 演習 世界へ開く現代アート

23日(金)1限ZOOM AS発表Ⅳ

24日(土)博士前期

f:id:mushou:20210801191852j:plain

中国女

f:id:mushou:20210801191917j:plain

YMO



夏入試 面接2名

26日(月)1限 中国語 15,16課 3限 概説 レファレンス

28日(水)2限 文化論 3限 特講 4限 演習 それぞれまとめと意見質問

30日(金)1限ZOOM AS自由参加 2:00~教授会 この日紀要論文査読

 

夢ナビ講義「不在」と東アジア現代アート 7月、これまでの授業

昨日は「不在」と東アジア現代アートについ高校生の皆さんの質問を受けました。

いい質問ばかりでした。問題意識の高さがうかがえます。

 

7月、これまでの授業

2日(金)1限アカデミックスキルズ対面授業 4名の発表、問題意識が明らかです。

次回からはzoomの授業

5日(月)1限中国語zoomの授業12課復習13課 3限概説 香港

7日(水)2限文化論アイ・ウェイウェイ年譜 3限特殊講義 プロパガンダと身体性

4限 演習 ロンロン、インリ 写真作品 

9日(金)1限アカデミックスキルズ 発表、zoomの授業

今日 12日(月)1限中国語zoomの授業13課復習14課 3限概説 香港:阿古智子「変わり果てたあなたを憂いて」ニューズウィーク7月13日 華人世界

 

douga.yumenavi.info

6月の日記

6月2日(水)2限文化論:発表①修士2年4名 3限:特殊講義:北京東村身体性 4限 演習 方力鈞 シニカルリアリズム 浮遊性 映画「太陽の少年」 

4日(金)1限 アカデミックスキルズ論文の概要発表④ 2:00-zoom教授会 5:30 zoom大学院説明会

7日(月)1限 8課復習9課 3限概説 演劇

9日(水)2限文化論:発表②修士2年1年3名 3限:特殊講義:映画「黄色い大地」と文工団(党の宣伝)4限 演習 孫原&彭禹 死体派 不合作方式 Fuck Off   「人油」「連体」「幔」2000 横浜トリエンナーレ「文明柱」2000 「争覇」「犬勿近」2003 「養老院」2008 「親愛的」「難自禁」2019 

11日(金)アカデミックスキルズ テキストへ論文制作の方法

14日(月)9課復習10課 3限概説 映画 街角の天使 馬路天使

16日(水)2限文化論:発表③修士1年3名 3限:特殊講義:歌劇「白毛女」映画「白毛女」と民間伝承 4限 演習 孫原&彭禹 死体派 不合作方式 Fuck Off とダミアンハースト 趙半狄 「一人ぼっちのオリンピック」とダダカン糸井貫二秋山祐徳太子

18日、25日 重原孝臣先生のオンデマンド授業

28日(月)10課復習11課 

以下予定  

3限概説 台湾 悲情城市

30日(水)2限文化論:発表④修士1年学部4年5名 3限:特殊講義:中国ロック 崔健 左小祖咒 4限 演習 女性アート

f:id:mushou:20210628115925j:plain

北京東村 無名の山を