牧陽一の日記です。

埼玉大学 人文社会科学研究科 牧陽一の授業内容です。表紙は沢野ひとしさんの中国語スタンプです。

アカデミックスキルズ2回目

論文を書くこと cinii で調べる 図書館 先生を利用する

剽窃とは? 論文の段取り

論文要旨発表のための共用論文と担当を決めました。次回もテクストを中心に。再来週から発表を始めます。

今日は卒論4本修論3本 紹介しました。

f:id:mushou:20210423164824j:image

アジアの報道の自由度 台湾韓国が🇹🇼🇰🇷いい

 

 

月曜、水曜2回目 

月曜1限 中国語 第3課そり舌音の前まで 血ぃー見るで~、手ぇ出して~、目ぇ痛い~、歯ぁ抜けた~ 妈妈骑马,马慢,妈妈骂马

3限 概説 1,歴史 ラストエンペラー

水曜2限 文化論 艾未未の少年時代

www.art-it.asia

3限 特殊講義 中国のプロパガンダ藝術序章 舔菊派画家

chinadigitaltimes.net

4限 演習 星星画会 黄鋭

www.artnetnews.cn

 

 

 

金曜アカデミックスキルズ初回

自己紹介

研究方法とと地域研究

今後の予定:次回は論文の教室、1部 キミは研究て何かを知っているか

共通論文の要約担当を決めます。今日はウェブクラス、メッセージで送信しました。

香港はなぜ戦っているのか? なぜ戦争をえがくのか 紹介しました。

https://www.amazon.co.jp/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%88%A6%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E6%9D%8E-%E6%80%A1/dp/4794224451/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%88%A6%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B&qid=1618561165&s=books&sr=1-1

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%AE%9F%E8%B7%B5-%E5%A4%A7%E5%B7%9D-%E5%8F%B2%E7%B9%94/dp/4909710159/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=1E3C88UVJCEEK&dchild=1&keywords=%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%8B+%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%AE%9F%E8%B7%B5&qid=1618561268&s=books&sprefix=%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%8B%2Cstripbooks%2C242&sr=1-1

 

昨日の水曜初回 

2限 文化論 民族差別の問題 多様性を認めていく事 次回からアイ・ウェイウェイ

昼休みは院生メンバーと食事

3限 特殊講義 なぜ戦争をえがくのか アーティスト、ミュージシャン、漫画家、写真家 それぞれの方法 次回から中国のプロパガンダ芸術

4限 演習 不在と東アジア現代アート 民族ということば ウイグル問題へ

アイ・ウェイウェイ年譜 次回から現代アート作家論

以上メモでした。

 

月曜初回中国語と概説

1限中国語、第1課、四声、短母音、二重母音、三重母音、軽声

下着毛毛雨  下边有mao吗? 官僚主义非常美丽

空き時間 ぺ・ジオンさんに韓国語を学ぶ。1,2課

3限 概説 文化とは?開いていくもの 世界を駆け巡る生き物

強大な国家民族資本に抵抗し、様々なマイノリティの側に立つこと

新しい関係性を築くこと

そんなことを話しました。前回、前々回の日記内容です。

人種と民族、ラーメンと拉面、きものと漢服などを例にとって。

久しぶりの対面授業でした。

 

f:id:mushou:20210412165904j:plain

ラーメン

 

流動性と多様性

網野善彦の逆さ地図を見ると、東海(日本海)が内海で、列島は連なり、日本が孤立した島ではなく、人間を自由に行き来させる連なった場所に見えている。国境や日本民族という概念は、いっそ消滅する。

f:id:mushou:20210407125909j:plain

網野善彦 地図

また小熊英二は民族ということば自体が中国へ逆輸入された差別用語であることを指摘する。先の戦争で、大和民族を優れた民族に仕立て上げ、侵略を正当化するために作られた差別用語だ。たかが千年程度同じ場所にいただけの人々を民族で区切った。人種は同じだし、文明度でいえば、中国や朝鮮の方が上であるから、新たに大和民族という架空の民族をでっち上げて、自らが優れているという嘘をついた。

日本は台湾統治時期、未開で野蛮な民族を生蕃と呼び、漢民族に同化したものを熟蕃と呼んだ。木山英雄先生によれば、中国には熟蕃ということばはない。中国自体が本家本元であるからだろう。日本はいうなれば漢民族化を本家に代わってやっていたというわけだ。一方中国文学研究者も大きなスパーンでの漢民族化を従属的に進めていはしまいか?特に日本の中国現代文学研究者ポストは、中国古典文学と1:1という割合を中国の大学に合わせて進めている。だが中国の側は中国共産党が意図した党の宣伝を現代文学が担わせるためだった。だが魯迅をまじめに読んでいけば、当然、反体制的な姿勢を学ぶことになり、結果、64天安門事件の学生たちの民主化要求に繋がっていった。党は失敗している。文学がダメなら美術、今は各大学に美術学院を設けてビジュアルからの党宣伝を意図しているようだ。では日本の中国現代文学研究はどうあるべきか。やはり抵抗の姿勢を失ってはいけないのではないか。単に中国の文学の素晴らしさを言うだけならそれは熟蕃に過ぎないだろう。

現在、中国政府は正に未熟な民族を教化し、同化させようとしている。それはウイグル弾圧に明確に表れている。野蛮な民族を漢民族化しているというわけで、多様な意見や宗教、生活スタイルを認めようとしない。全てを一色に染め上げようとする。

林少陽の孫引きになるが、章炳麟の斉物論釈 「斉其不斉、下士所鄙執。不斉而斉、上哲之玄談。」(斉しくないものを斉しくさせるのは愚かであり馬鹿にされる故である。それに対して斉しくないものを斉しいとするのが賢者の優れた選択である)

つまり文学とは「あや」模様であり、それぞれが違うのがいいのである。そして多様なあり方を認め合うことが大切なのだ。強制的にすべてを平坦化することは誤りである。それは体制側の政治に他ならない。マイノリティが自由に生きていけることこそが重要であり、すべてはそこの向かっているはずである。日本自体が元々漢文化のマイノリティなのだから、そちら側につくのは当然のことだろう。

テニスプレーヤーの大坂なおみさんも人と違うことはクールなことだと言っている。そう、その多様性が正に未来への道筋だろう。

小熊英二インタビュー「有色の帝国」の呪縛 『朝日新聞』2020年9月10日(木)13p『九葉読詩会』第6号 2021年3月 参照

 

大川史織『なぜ戦争をえがくのか』みずき書林2021、01を読む

春休暇の間、様々な映画や本を見てきたが、本から本、漫画、音楽、演劇、現代アートへと派生する意味で、読書が一種の学びのプラットホームになる。研究は研究者の方法でも何でもなく、あらゆる表現者の方法であることは自明だが、特にこの本をきっかけとする広がりは大きいものだった。コロナで外に出ていく機会が少ない分、学びのエネルギーを蓄積する面でも、この本の意義は大きかった。

 

戦争を知らない表現者たちの歴史実践 戦争を未来にも起こりうる出来事として捉え、それを乗り越えるための次の実践を提案している。つまりポストコロニアリズムの状況に対して、変化しないとあきらめるのではなく、戦時下を超えて、新たな関係性をつくろうとする。

www.amazon.co.jp

大川史織、映画「タリナイ」『マーシャル、父の戦場ーある日本兵の日記をめぐる歴史実践』みずき書林2018

www.youtube.com

www.amazon.co.jp

まず、小泉明郎、皇室や天皇をテーマにした「空気」シリーズで注目していたアーティスト。私の「不在」と東アジア現代アートでも言及していた。小泉は日本人とか同胞意識よりは同時代性と結びつけていく方が大事であるといい、「歴史や戦争といった、リアリティを感じにくくなっているものを、いまの現実にどう落とし込んでいくか。自分はきっと、そんなことをやろうとしているのです。」と述べている。

theatercommons.tokyo

諏訪敦、見ることの質の問題を提示し、調査や取材の重要性を指摘する。父の満洲体験を追う。見ることをどこまで拡張できるのか。

www.amazon.co.jp

武田一義、その行為がいかに「しかたのない」ことだったのか、を漫画として叮嚀に描く。登場人物を好きになればなるほど、傷は大きくなる。せめていい傷のつけ方をしたい。

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 10 (ヤングアニマルコミックス) 

https://www.amazon.co.jp/-/en/%E6%AD%A6%E7%94%B0-%E4%B8%80%E7%BE%A9/dp/459216220X/ref=sr_1_1?dchild=1&keywords=%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC+%E6%A5%BD%E5%9C%92%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%AB&qid=1617608101&s=books&sr=1-1

遠藤薫、「あらゆる事物が時間と共に損なわれるということをよいことだと思いたい。」布の存在感、蚕を飼うことから始め、沖縄、東南アジアを調査する

artscape.jp

寺尾紗穂 パラオは女性が強い、希望のあること。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AE%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%92%E3%81%95%E3%81%8C%E3%81%97%E3%81%A6-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E4%B8%8B%E3%81%AE%E5%8D%97%E6%B4%8B%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E4%BA%BA%E3%80%85-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E8%8A%B8%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC-%E5%AF%BA%E5%B0%BE%E7%B4%97%E7%A9%82-ebook/dp/B0756BZKHB/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%82%E3%81%AE%E9%A0%83%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%92%E3%81%95%E3%81%8C%E3%81%97%E3%81%A6&qid=1617609366&s=books&sr=1-1

www.youtube.com

土門蘭 物語を書くためにルーツと向き合う、「自分の中に〈恨〉がある。だけど苛立ちやわだかまりが自分にとっての財産だと思っている」

戦争と五人の女 | 土門蘭 |本 | 通販 | Amazon

www.amazon.co.jp

後藤悠樹 彼女をそこに置いて行ってしまうような 彼女たちの人生を肯定したかった

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%92%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E6%AE%8B%E7%95%99%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E8%A6%8B%E6%9E%9C%E3%81%A6%E3%81%AC%E6%95%85%E9%83%B7%E3%80%81%E6%B0%B8%E3%81%84%E8%A8%98%E6%86%B6-%E5%BE%8C%E8%97%A4%E6%82%A0%E6%A8%B9/dp/486647047X/ref=sr_1_1?adgrpid=118514935364&dchild=1&hvadid=492943838060&hvdev=c&hvqmt=e&hvtargid=kwd-420534630395&hydadcr=19883_11064089&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%92%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84&qid=1617611825&sr=8-1

小田原のどか 「発見され続けることを恐れないことの記念碑が必要だ。恥ずかしさに耐え続けることの記念碑が。」

www.odawaranodoka.com

畑澤聖悟 「青森みたいな田舎では、演劇人を輩出する機関はほとんど高校の演劇部だけです。」

waotunagaru.wixsite.com

庭田杏珠、渡邉英徳 記憶の解凍、色の記憶をたどる。

www.amazon.co.jp